痩せるサプリの危険性

MENU

痩せるサプリの重要性

これまで、
など色々なダイエット方法を記載してまいりましたが、どれもバランスよく行うことと、続けることが大切です。

そして、ダイエットサプリを併用することによってダイエット効果の向上を狙うのが一番おすすめの方法なのですが、ダイエットサプリならなんでもよいわけではありません。

中国製健康食品で死亡

数年前に、中国で買った、個人輸入代行者から購入した健康食品(カプセル状のサプリメントのようなもの)を飲んで亡くなった人がいらっしゃいました。

そして亡くならなくても、重度の後遺症が残った方がたくさんいらっしゃるそうです。
その他、中国製品に関していえば、食品や粉ミルクのかさ増しに毒物が混ぜられていて話題にもなりましたね。

中国当局も許可を取り消している保険食品がたくさんありますが、それがまだオークション等で出回っている可能性もあります。
また中国で容認されているものでも、キケンなものがたくさんあります。

そして中国製の健康食品での死亡事例がこんなにあるにも関わらず、個人輸入のお店などに普通に売っていたりするんです。 
運がよかった人?の中には、それらを飲んで痩せた人もいます。
だからこそまだ口コミ等を信じて購入する人がいるんですね。

でも死ぬ確率があるのにそこまでして楽して痩せたいですか?
死なないにしろこれからずっと身体を傷めたまま生きていかないといけないかもしれません。
お薬代もばかになりません。
それなら最初っから美容外科で脂肪吸引でもしたほうが安上がりってものです。

健康が一番なんです。
生きていてこそ、太りもでき、痩せることもできるんですよ。

中国製のすべてのものが危険というわけではありませんが、成分を読もうにも中国語がわからないと何が入っているかわかりません。
もしかしたら日本では禁止されているものが入っているかもしれません。
個人輸入などで購入したもの。オークションに出ているものには注意が必要です。

また、正規輸入商品は内容の日本語訳が義務付けられていますが、記載さいれている内容と中に入っているものが違っていればどうしようもありません。

信頼できる国、信頼できる企業から購入するのは、サプリメントに限らず購入する際の最低条件となります。

タイ製の痩せるサプリで死亡

厚生労働省が注意喚起を促しているホスピタルダイエット
これには向精神薬などが含まれている場合があります。

この向精神薬が入っている商品は個人輸入でも法律で禁じられている薬物となります。
それだけ危険なものなんです。

いくら痩せると噂になっていても手を出さないようにしましょう。
向精神薬以外にも数々の禁止薬物が含まれていることがあるため、幻覚・幻聴・腹痛・動機・痙攣(けいれん)など健康被害が各地で起きています。
ホスピタルダイエットの被害者はかなり多いそうで、亡くなった方もいらしゃるようです。

ホスピタルダイエットの箱・錠剤・カプセルは様々でこれに注意しましょう。とはっきり言える画像がありません。
名前も「ヤンヒーホスピタルダイエット」・「ヤンヒーダイエット」・「ドクターダイエット」など様々なネーミングで売られているので非常にわかりにくいです。

個人輸入・海外でのお土産として買ったものによる健康被害は個人の責任となります。
よく確認してから購入しましょう。

アメリカ等先進国の痩せるサプリ

アメリカなど肥満気味の人が多い国のサプリはなんだか効きそうな気がします。

実際私もアメリカに旅行に行くときは何かとサプリを買ったりしています。
でも注意したいのが、毒ではないにしろ、日本では医薬品として使われているものが市販のサプリメントに使われていたりするということ。

そして何よりも注意したいのが摂取量です。
英語がわからない人・身近に英語が分かる人がいない人は買うのをやめましょう。
成分だけでなく、容量・用法は重要です。

「1日3粒」だけ読み取れたとしても、それは100キロの人が飲む基準かもしれません。
海外と日本の「太っている」という言葉には感覚に違いがあります。
60キロの人が飲む容量に設定されていない場合もあるのです。

また、実はこれ。私も飲んだことがあるものなのですが、一時期流行ったエクスタシー・ダイエット
日本では健康被害の報告はないそうですが、海外では死亡事例もあるそうです。

私、生きててよかった(ToT)
無知って怖いですね。

日本製も安全とはいえない?

どうしても海外製のサプリメントによる大きなニュースが目立ちますが、実は「MADE IN JAPAN」にも危険なものがあるんです。
  • 日本製ではないのに、「MADE IN JAPAN」と書いている。 … 論外ですね。
  • 医薬品扱いのものが入っている … 健康な人が飲む分にはそこまで大きな問題にはならない場合もありますが、持病がある人が飲むと命に関わるものも! これらが判明した場合は販売中止・回収されますが、すぐに次のものが別名で販売されたりするそうです。
これらを考えると、やはり信用できない人や場面(フリマ・オークションなど)で買うのは、安全と言われている日本といえど危険です。

他の薬・サプリメントとの併用

「食べ合わせ」という言葉があるように、サプリメントも組み合わせによっては成分がケンカしたり、効き目が半減したり、摂取量を大幅に上回ってしまう場合があります。

痩せるサプリ3種をそれぞれ記載されいる量ずつ飲むのは間違いです! 
成分がかぶっている可能性が高く、1日の摂取量を上回ってしまいます。

ビタミンC・ビタミンBなどの水溶性のものは多少とりすぎても尿になって出て行ってくれるのですが(もちろんあまりにも取り過ぎるのはNGです)、脂溶性のビタミンA・D・Eなどは取り過ぎると逆に身体に悪いもの。になってしまいます。
ビタミンEに関しては過剰摂取による健康被害も出ているようです。

身体によいと思って飲んでいるものでも一歩間違えれば毒になってしまうんですね。
きちんとした会社のサプリメントであれば、添付文書などに注意事項を記載してくれています。

また、お薬を服用している人は担当医師に相談しましょう。
お医者さまはたいてい、サプリメントの内容を聞く前に、「サプリメントはやめるように」っておっしゃるんですけどね。(何かあったらお医者さまが困るから)




色々と怖いお話をしましたが、サプリメントは薬ではありません。
でも、それなりの効果があるものには、それなりの危険性も含まれています。

「飲むだけで痩せる」などの謳い文句にだまされないようにしましょう。
ダイエットサプリだけで痩せるのは不可能です。
あくまでサプリメントはサポート役なのです。

しかし、うまく利用すればダイエットのよいパートナーになることは間違いありません。

信頼できる会社の、成分がきちんと公開されているものを購入し、もし何かおかしい!と気づいたらすぐに使用を中止し、お医者さま、販売元に確認するようにしましょう。