短期間ダイエット

MENU

究極! 短期間ダイエット

短期間で痩せたい! 
そう思う方は多いと思います。
来週海に行くからそれまでに!など具体的な目標があるとがんばれますね。
しかし短期間ダイエットは身体を壊しやすいのと、リバウンドしやすいのでルールを守って行うことが大切です。

下剤ダイエット

これ。キツイです。
確かに食べたものが身体に吸収される前に出してしまえば痩せれます。
そして私の周りでもしている人が多いのがこの方法。

でも、
絶対におすすめしませんっ!!!

下剤は薬です。
体調が悪くないのに飲んで身体にいいわけがありません。

確かに体重は減ります。
でもなんか顔つきが変わってきますし、体調を崩す可能性が高いです。
今は大丈夫でも、1ヶ月後とかにきます!

取り敢えず痩せたいから。というのであれば、私が次に紹介するファスティングダイエットのほうを試してください。


ファスティングダイエット

断食ダイエット・ファスティングダイエットなどと呼ばれている方法です。
1日〜3日食べない方法から、1日1食だけ決まった食材(酵素ドリンク等)をとる方法があります。
でも短期間で痩せたいのであれば断然3日間の断食です!

ファスティングダイエット(3日間) 

基本的に3日間は何も食べません。
お水は好きなだけ飲んでかまいません。
栄養補助食品として、ダイエットサプリと酵素ドリンクをとります。
必ず1日3食は上記の栄養を摂りましょう。

その場合、酵素ドリンクは無添加できちんとしたメーカーのものを選ぶ事が重要です。
サプリメントも同じです。
よくわからないものだと逆効果になったり、最低限の栄養素をとれなかったりすると体調を崩してしまいます。

それだと痩せても海へ行けないじゃないですか!
なのでそこはきちんと押さえてください。

3日間がムリなら2日でも充分効果が出ると思います。
3食でなくても、お腹が空いたらお水と酵素を飲むように。
酵素はどれだけ飲んでもOK。
サプリメントは1日の摂取量を守りましょう。
運動はできれば少しでも行ったほうがよいですがムリをしないように。

3日間ファスティングダイエットで一番辛いのは1日目の夜から2日目の夜にかけてです。
3日目になると身体が慣れてきてだいぶ楽になると思いますが、4日以上続けるのはやめましょう。

ファスティングダイエット後(4日目)

4日目はいきなり普通の食事をとってはいけません。
おすすめは湯豆腐やお粥です。

ファスティングダイエット終了後のおすすめメニュー
  • 朝:豆腐1/4丁を湯豆腐で。お醤油・薬味なし。・酵素ドリンク・ダイエットサプリ。   久しぶりの食事なのでお醤油なんてかけなくても美味しく感じられるハズです。
  • 昼:お粥(少し) 味付けはひとつまみの塩で。・酵素ドリンク・ダイエットサプリ
  • 夜:酵素ドリンク・ダイエットサプリ

・・・こんな感じで少しずつ元に戻します。
ファスティングダイエットで一番重要なのは、終了後の1週間です。
ここで痩せる体質になるかどうかが決まります。

味つけも薄味で美味しく感じるようになりますし、少しの量で満足するようになると思います。
可能であれば、しばらくの間はどこか1食は酵素ドリンクだけ(もちろんお水はどんどん飲みましょう)にしましょう。
ダイエットサプリも続けてこそ意味がありますので引き続きとっていきましょう。

1食置き換えダイエット

ファスティングダイエット終了後の食事と同じような状態を毎日続ける方法です。
少し時間はかかりますが、体質改善の目的で始める方も多いようです。

1日のどこかの食事を1食 他のものに置き換えるのですが、夕食を置き換えるのが理想的です。
しかし、夜は付き合いなどもあるので難しい。という方は朝や昼でもかまいません。
酵素ドリンク&ダイエットサプリに置き換えるとムリなく1日の摂取カロリーをおさえることができます。
※ダイエットサプリは食事をとる際に飲むタイプのものもあります。


単品ダイエット

毎年何か一品だけを食べて痩せるタイプのダイエット方法が流行っていますよね。
昔であれば、
  • ゆでたまごダイエット
  • りんごダイエット
  • キャベツダイエット
  • バナナダイエット
などなど。
たくさんありますが、どれもおすすめできません。

単品ダイエットは、毎日1〜2食それしか食べないというものです。
栄養的に必要なものがとれているかどうかではなく、決まったある栄養素だけ摂り過ぎてしまう心配のほうが大きいですね。

単品ダイエットをするくらいなら1食置き換えダイエットをしたほうがよっぽど効果的だと思います。

お粥ダイエット・玄米ダイエット

これは文字通りお粥や玄米を食べてダイエットをする方法。
単品ダイエットと違うのは、アレンジが効くということでしょうか。

玄米ダイエット

玄米ダイエットは玄米だけを食べる。という意味ではなく、白米を玄米に変える。もしくは玄米を混ぜることにより、噛む回数を増やす目的と、豊富な栄養素にあります。

よく噛むことによって満腹中枢が刺激されます。
満腹中枢が刺激を受けることで、満腹感を得ることができるんです。

まずはよく噛んで満腹中枢を刺激しよう
食事を満足いくものにするには、味そのものや食事環境ももちろんですが、からだの反応としては満腹感を得ることが欠かせません。満腹感を得るには、満腹中枢と呼ばれる部位が刺激されることが必要です。

満腹中枢は脳の脳視床下部に存在し、刺激を受けることで摂食行動を抑制します。つまり、「もう満足だからこれ以上食べなくてもいいよー」と指令を出します。満腹中枢を刺激するには、胃にある程度の重量が入ったり、血糖を上げる必要があります。食事による血糖の上昇は、デンプンの消化吸収速度によります。口の中に食べ物が入ると、唾液が分泌され、唾液中のアミラーゼという酵素がデンプンを糖に分解します。

唾液は、食べ物が舌や口の中の粘膜に触れることで反射的(無条件反射)に分泌されることから、口の中により長い間食べ物があれば、それだけ多くのデンプンが糖に分解されます。つまり、よく噛むと血糖値があがって満腹中枢が早めに刺激され、食べ過ぎを防ぐことができます。

しかし、あまり噛まずに量だけ食べると、満腹中枢が刺激されるのに時間がかかり、結果的にたくさん食べないと満足できなくなってしまいます。また、食事をすると体が熱くなりますが、これは食事誘発性体熱産生と呼ばれる反応で、1日の消費エネルギーの約10%を占めると言われています。よく噛むことで、この熱産生が大きくなると言われています。

つまり、よく噛むことで、少量で満腹になり、代謝も促進される=やせる!ということです。他にも、「噛む」ことは脳が刺激されるなど 色々な効用が指摘されています。

☆タニタの健康応援ネット☆http://www.karadakarute.jp/tanita/column/columndetail.do?columnId=130

玄米ダイエットは理にかなったダイエット法なんですね。

お粥ダイエット

お粥ダイエットは、あまりおすすめできません。
確かに量がすくなくても満腹感を得ることができるのですが、消化がよいため、すぐにお腹が空いてしまいます。
ファスティングダイエット後の、回復食としてはおすすめですが、お粥だけを食べて痩せるのは難しいかと。

ただし、夕食をお粥に変える方法はありだと思います。
量も少なくてすみますし、後は寝るだけですからね。
お腹が空いてくる前に寝てしまいましょう。



短期間で痩せるにはそれなりに苦しい思いをします。
毎日しんどい思いをするより数日ですむなら。とにかくすぐに痩せたい。という人にはよいかもしれません。

しかし最初に書きましたが、短期間で痩せるにはキケンが伴います。リバウンドもしやすいです。
苦しかった数日間を忘れないように、その後1ヶ月は体調管理に気をつけて、食べ過ぎないように、胃や身体に負担をかけない食事を心がけましょう。